妊娠中の日々の姿勢はとても大切で出産へも繋がっている

初めて妊娠し、現在妊娠9ヶ月です。初めて妊娠したことで、今まで知らなかったこと、感じなかったことをたくさん知り、感じるようになりました。

妊娠しお腹がだんだん大きくなるにつれて、お腹が重たくなるので、自然に身体の上半身が反ったような姿勢になりその姿勢で歩いたり、普段の生活の中でも座るにしてもお姉さん座りのような姿勢で座ることも多くなりました。

産婦人科の先生に言われて、初めて知ったことは、妊娠中は赤ちゃんが出でくる際に骨盤を広げて生まれてくるので、その妊娠後期には、特別に母体には骨盤を緩めるホルモンが分泌されているようです。

なので、日々の先生の中でお姉さん座りなど骨盤の歪んだような姿勢をとることで骨盤が歪んでしまい、赤ちゃんが出でくる際に羊水から出でくる場所に骨盤が歪んでいると蓋をしたような形になってしまい自然分娩が出来なくなってしまうようです。

骨盤が歪みやすくなっているので、日々の生活の中での正しい姿勢をとることがこんなにも大切なことだとは妊娠するまで知りませんでした。

赤ちゃんを元気に産むためには、妊娠中の日々の積み重ねがこんなにも関係しているとは、妊娠しないと分からないことだと思います。

 

AFC クリーム

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です